椅子

1日の多くは時間は座って生活おり、座ることは実は身体に大きな影響を与えます。歪んだ座り姿勢は骨盤を傾けてしまい、背骨を歪ませたり、内蔵を指させる筋肉が弱って下腹がポッコリと出る原因にもなってしまいます。

私たち人間は椅子に座るとき、骨盤の中の *坐骨という部分で座ります。骨盤が歪むと左右の坐骨の位置もずれを生じます。左右の坐骨の位置をずらしたまま、椅子に脚を揃えて座ると、座り心地が悪い状態になります。歪んだ骨盤で坐骨の位置を揃えて座ろうと思えば、片脚を上げて脚を組み骨盤を捻れば坐骨の位置が同じになります。しかし、脚を組めば背骨に歪みを生じます。椅子から立ち上がれば、背骨を正そうとしますから、骨盤は歪んだ状態に戻ります。

ゆがんで広がってしまった骨盤と、外側にゆがんだ股関節を正しい位置に戻し、ヒップから下半身のラインを本来の引き締まった状態にしていく目的の、椅子があります。独特の傾斜をつけた椅子の設計になっており、そこにお尻を乗せるだけで、体の重みで骨盤を内側に修正するものです。こうしたイス系の骨盤矯正グッズには、いろいろな製品が出ているようです。

スリムチェアー 座椅子タイプは、体に沿ったデザインの座椅子。骨盤部分を両サイドから包み骨盤のゆがみや広がりをサポートする座椅子です。骨盤矯正チェアー「小尻のいす」は、適度な弾力を持ったウレタンパッドが骨盤の周りに当たるよう配置されています。座ると内部に挟み込まれるような感覚で、骨盤と骨盤の広がりに大きく関係がある座骨を矯正します。ウエストトレーニングチェアは、普通の椅子とは違い座面がドーナツ型で回転します。

このドーナツ型の座面に座ると中央の凹みに挟まれ、自重と左右に規則正しく回る遠心力を利用、骨盤を左右から引き締めます。歪んだり、開ききった骨盤の補正に効果的な椅子です。

普通の椅子に骨盤矯正クッションを置くのも効果的です。骨盤矯正クッションが絶妙の角度と形状、硬度により、クッションの上に座るとお尻が中央のくぼみに落ち、骨盤がキュッと引き締まり矯正されます。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 自分で出来る骨盤矯正
★ 冷え性との関係
★ むくみの解消の効果
★ 自宅でできる体操


Copyright (C) 2008 骨盤矯正@徹底解説ガイド All Rights Reserved.