ベルト

骨盤のゆがみは毎日の生活習慣によるところが大きいものです。例えばイスに座った時にいつも足を組む、立っているときにいつもどちらかの足に重心をかけている、荷物を持つのは同じ手・腕を使う、寝ているときに仰向けにまっすぐ寝ない、などなど。骨盤のゆがみにつながる可能性のある行動はかなり多くあります。また、女性であれば出産も骨盤のゆがみの大きな原因となります。また、出産後の女性は骨盤が開いているため、早めに骨盤矯正をすることで歪みを正すことをお勧めします。

出産を終えた身体には、ゆっくりと体調を整え回復する時期をとることが必要ですが、現代のように忙しい毎日を送っている状況ではなかなかそうはいきません。すぐに赤ちゃんの世話をするという重要な仕事も始まります。しかし、産後に骨盤矯正をしないでそのまま放っておくと、骨盤がきちんと元に戻らず開いたままになってしまい、その結果、身体が歪んでしまうことがあります。

出産後、骨盤が正しく元に戻らないままに体が歪み、腰痛や膝の痛みなどが出てくるという女性も少なくありません。産後太りも心配です。ただでさえ、出産直後は一番身体がゆるんでいる時期ですから、骨盤を含めお腹の筋肉も内臓もゆるんで、下垂して機能が落ちやすくなっています。十分な酸素や栄養が行き届かない身体は基礎代謝が悪くなり、脂肪もつきやすくなっています。リンパの流れも悪くなり、ムクミもおきやすくなります。

しかしこれらの多くは、骨盤矯正により解消することができます。骨盤を締めることにより、内蔵の機能も上がり基礎代謝も増えて身体中の関節も締まります。こうして出産前の身体より良い状態にすることができるのです。妊娠前よりもキレイな体型になり、産後太りを解消する効果も期待できます。

つまり、出産後は身体がゆるんでいるから気をつけなくてはならない時期ですが、反面、効果的に骨盤矯正ダイエットができる時期でもあります。開いた骨盤をきちんと元の状態に戻すことにより、体型の戻りも早くなります。妊娠する前から骨盤が歪んでいる人も多いので、出産を機に骨盤矯正することで妊娠する前よりきれいなプロポーションになれる可能性も高いです。

骨盤を矯正するにはベルトがもってこい!幅広のベルトで股関節を固定し、骨盤全体をしっかりとホールドし腰周りの負担を軽減。腰に不安がある人はもちろん、ゴルフなどスポーツをされる方にも使えます。身体の『要』骨盤を固定すれば腰も軽くバランスも整います。身体の『要』骨盤を固定すれば腰も軽くバランスも整います。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 自分で出来る骨盤矯正
★ 冷え性との関係
★ むくみの解消の効果
★ 自宅でできる体操


Copyright (C) 2008 骨盤矯正@徹底解説ガイド All Rights Reserved.