歩き方を意識する

あなたは骨盤をゆがませたまま歩いていませんか?歩き方を見ると、骨盤がゆがんでいるかどうかがわかります。歩き方でわかる骨盤のゆがみタイプは以下の3種類。

1.こわばり骨盤横ゆれタイプ
2.後傾骨盤猫背歩きタイプ
3.前傾骨盤出っ尻歩きタイプ

それぞれの歩き方の特徴と原因をみていきましょう。

1.こわばり骨盤横ゆれタイプ
このタイプの人の特徴は、道で人とぶつかりやすい、腰まわり、太ももが太い、冷え性。原因は、股関節が硬い、内転筋が弱い、ということがあります。

2.後傾骨盤猫背歩きタイプ
このタイプの人の特徴は、靴のかかとが特に減りやすい、ショルダーバッグが落ちやすい、肩凝りが慢性化している、ということ症状があります。原因としては、背筋が弱い、大胸筋が弱い。歩くときは、背筋をピンと伸ばした姿勢を保つことはもちろん、大腰筋をしっかり動かす歩き方を心がけましょう。できるだけ大またに速足で歩くと大腰筋がよく使われます。一直線上を歩くと腰がよく動くのでさらに効果的です。

3.前傾骨盤出っ尻歩きタイプ
このタイプの人の特徴は、靴のつま先が減りやすい、下腹ぽっこりになりやすい、腰痛、背中痛がある、という症状があります。原因としては、腹筋が弱い、大でん筋が弱い。

これらの骨盤のゆがみが原因の歩き方を治すために、骨盤矯正ウォーキングをマスターしましょう。

<効果的な歩き方>

(1)疲れていない時は、できるだけ大またに速足で歩こう
(2)右足と左足を、一直線上に下ろすように歩いてみよう

骨盤を支える大腰筋は小またより大また、ゆっくりより速足の方が、よく使われ、強化されます。一直線上を歩くことで、大腰筋をより多く使うことになる。

また、平均台の上を歩く感覚で歩いてみることです。道路には歩行者用の線が引かれているところがあります。その上を歩かれても良いでしょう。常に大腰筋がよく動く歩き方をイメージして歩いてみることです。おしとやかに歩かれる時も骨盤がゆがんでいないととても優雅な歩きになります。その時のためにも普段は骨盤に優しい?歩き方をされてはいかがでしょうか?

<他の歩き方のワンポイント>

腸腰筋を使う。 腸腰筋を使うことにより、きちんとした歩き方ができるようになり、足の骨密度も上がり、ヒップの筋肉も鍛えられます。いいことずくめです♪歩数を稼ぐために、ちょこちょこ歩く歩き方はあまりよくないそうです。

左右の足幅を狭くする。 最も体に負担のかからない左右の足幅は、乳首の幅くらいです。骨盤の真下にひざが来ると楽に歩けるようです。いわゆる骨盤歩きです。腸腰筋の刺激にもなり、老廃物が流れ去ります。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 自分で出来る骨盤矯正
★ 冷え性との関係
★ むくみの解消の効果
★ 自宅でできる体操


Copyright (C) 2008 骨盤矯正@徹底解説ガイド All Rights Reserved.