座り方に気をつける

O脚である大抵の人は骨盤に歪みが生じています。いすに脚を投げ出して座ったり、脚を組んで座ったり、いすの上であぐらをかいてみたりするのは、O脚の大きな原因になる骨盤の歪みにつながってしまうばかりか、背骨の歪みなどにも悪影響を与えます。

そうならないためのいすの座り方というのは、背中と大腿部間の角度と大腿部とふくらはぎ間の角度がそれぞれ90度になるようにし、おしりの後ろ側は少しだけスペースが空くように座ります。もちろん足を組んだりせずに、きちんと左右の足はそろえましょう。

それから顔はうつむき加減になったり、あごがでてしまわないようにします。日本人がO脚になってしまうのは、畳に正座するからだといわれることがありますが、いすで生活していても正しい座り方をしていないと、当然O脚になる可能性は大きくなります。現在では畳に座るよりいすでの生活が主体になっていますが、例え正座をする生活をしていたとしても、正しい正座をしていればO脚にはなりません。

床に座る時にあなたはどんな座り方をしていますか?横座りをしたり膝を抱える座り方、あるいはペチャンコ座りなどはO脚を助長してしまう座り方です。横座りを想像すればわかりますが、どちらかの骨盤を歪めてしまう力が加わってしまう座り方です。小学校の時によくしていた(させられていた)膝を抱える格好の座り方は坐骨に負担がかかってしまう座り方です。

「では、どんな座り方をすればいいの?」といわれてしまいそうですね。フローリングに座る時には足をそろえて真っ直ぐ伸ばし、手は後方で支える形で座るようにしましょう。そうするとどうしても腰が曲がってしまうという方は、座椅子を使う方がよいでしょう。

では、具体手的に正座する場合、椅子に座る場合のそれぞれの座り方を詳しくみていきましょう。

正座する場合
最近では、ほとんどする機会が無くなった正座。実は正座は、自然と骨盤が立った姿勢になって、一番腰に負担が少ないのです。背すじが伸びて上半身のカタチがきれいになり、体もゆがまない。背筋を伸ばして座るというと、大抵の人が胸を張って背骨を1本の棒のようにしようとします。これは、間違いで逆に骨盤が反りすぎてしまう。

人間の背骨は横から見るとS字型に湾曲しているので、このラインを意識することが大切です。横から見たときに耳と肩が直線で結ばれ、上半身の重みが骨盤にのる感じです。この感覚を覚えて続ければ、座るだけでゆがみが取れ、腰痛にも効果があります。毎日10分でも、美しい正座をしてみましょう。

椅子に座る場合
働いている人はもちろん、普段椅子に座る機会はとても多いと思います。イスに座るときは深く腰掛け、背中を伸ばして座りましょう。イスに浅く腰掛け、体を背もたれにあずける姿勢は、骨盤が後に倒れた状態になりやすいです。

また、椅子に座って同じ方向にばかり脚を組んだり、脚をからめたりするのも、骨盤を歪ませる原因になってしまいます。椅子に座るときは、できるだけ椅子に深く腰掛け、背筋を伸ばしましょう。

ひざの位置は腰より低くなるように注意して下さい。脚を組む時は、片側ばかりでなく左右交互に組みましょう。横座りするときも左右交互にして座りましょう。骨盤が、しっかり定まれば、集中力が長続きするし、食事の際も、正しい姿勢で食事をすることで、正しい咀嚼ができ、内臓への負担も減るはずです。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 自分で出来る骨盤矯正
★ 冷え性との関係
★ むくみの解消の効果
★ 自宅でできる体操


Copyright (C) 2008 骨盤矯正@徹底解説ガイド All Rights Reserved.