むくみの解消の効果

むくみ(浮腫)とは、血液中の体液が血管外に濾出するなどして、血管外皮下組織に水分が過剰にたまった状態を言います。大きく、全身性のむくみと局所性のむくみに分けます。全身性浮腫には心臓性、腎性、肝臓性など、局所性浮腫には静脈性やリンパ性などがあります。

全身性では原疾患の治療が必要ですが、女性特有の特発性浮腫などは一般的な内科的治療の対象とはなりません。局所性浮腫は見た目は元気ですが、むくんでいる脚や腕に一般的な考え方では対応しにくい症状が認められます。 むくみは冷え性と並んで日本人の女性の約8割が悩んでいる症状だといわれています。

骨盤矯正を行うことで、体のさまざま症状を改善できますが、そのひとつがむくみです。骨盤が歪んでいると、周囲の筋肉をかたくなってリンパを圧迫、血流やリンパの流れが悪くなってしまいます。リンパ液には、体内の余分水分や老廃物が含まれています。この流れが悪くなってしまうと、体内に溜まってしまってむくみとなって出てくるのです。骨盤矯正を行うと、このリンパや血流の流れが良くなります。そうすれば老廃物も滞ることなく排出されていきますので、むくみがでることもありません。朝起きたときもスッキリなりますよ。

毎日の顔のむくみは、一説によると骨盤のゆがみ具合が影響しているとも言われています。骨盤がゆがみ、開閉がうまくいかないことで、後頭骨の動きも悪くなり、結果として、首周りの筋肉が硬くなり、顔がむくんでしまうことがあるそうです。つまり、骨盤矯正を行うことで、顔のむくみももしかしたら矯正できるかもしれないといったおいしい付加価値もあるんですね

カイロプラクティックでむくみを解消しようとする場合、まずは骨盤歪みを矯正することが必要となってきます。骨盤は身体を支える土台であり、多くの筋肉がついています。ここにズレや歪みがあると身体に負担がかかり、むくみのほかに痛みや違和感、しびれなどの症状を起こすことがあります。身体の歪みや骨盤のズレを正常な状態に戻すことによって、むくみなども改善していきます。

また、骨盤の近くにはリンパ管が通っています。リンパの働きが鈍ってくることは、むくみの大きな原因となります。カイロプラクティックによる骨盤矯正によってリンパの滞留も解消され、むくみが解消されていきます。リンパ管の流れが良くなると体内の水分が排出されやすくなり、新陳代謝が活発になるのです。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 自分で出来る骨盤矯正
★ 冷え性との関係
★ むくみの解消の効果
★ 自宅でできる体操


Copyright (C) 2008 骨盤矯正@徹底解説ガイド All Rights Reserved.