アンチエイジング効果

「アンチエイジング」は、日本語にすると「抗加齢」ですが、実際にはほぼ同じ意味で「抗酸化」という言葉も用いられています。これは、老化の正体が「体の酸化」であることを意味しており、加齢とともにやせにくいと感じている人が多いのも事実だと思います。

私たちが一日に消費しているエネルギーの約70%は基礎代謝であり、運動で消費されるのは、多く見積もっても全体の約30%だということです。 実は、ここに運動だけではなかなかやせない理由があるのです。

例えば、30分間ウォーキングをした場合の消費エネルギーは、約140kcalです。これをジョギングに変えても(スピードにもよりますが)消費エネルギーは160kcal程度しかなりません。 しかも、この140kcalが、すべて脂肪の燃焼につながるわけではありません。

有酸素運動をした場合、糖と脂肪の消費される割合は1対1なので、脂肪が燃焼されるのは140kcalの半分、70kcalだけです。 70kcalとは、脂肪の量にするとどのくらいかというと、脂肪は1グラム約9kcalなので、わずか8gです。 さらに、その脂肪もすぐに燃焼されるわけではありません。有酸素運動で脂肪が燃焼するには、時間がかかります。なぜなら、脂肪は脂肪酸とグリセロールに分解されてからでないと燃焼されないからです。

よく有酸素運動は、30分以上継続して行わないと脂肪燃焼効果がないといわれますが、それは、この「分解」が行われるまでに時間がかかってしまうからなのです。 ところが、この分解を速める大きな秘策が一つあります。 それは、「人成長ホルモン(HGH)」を出すことです。

人成長ホルモンとは、大脳の下にある脳下垂体から分泌される人間の成長を促すホルモンです。主な働きは、骨や筋肉の成長を促すことですが、このホルモンの働きはそれだけにはとどまりません。 実は、このホルモンは、脂肪を分解する働きを持っているのです。

年齢とともに人成長ホルモンの分泌が低下するからといっても、あきらめる必要はありません。 なぜなら、もちろん老化を完全に食い止めることができるわけではありませんが、骨盤矯正ベルトによって、人成長ホルモンの分泌量を増やすことができることが、このほど実証されたのです。

全ホルモンの司令塔ともいえる脳下垂体は、1960年代頃から仙骨周辺の神経細胞と密接な関係があることが明らかにされてきております。 骨盤矯正ベルトの装着により、開いた骨盤を正し、鈍感になっていた仙骨周囲の神経細胞が「仙骨サポーター」で、刺激されることで、脳下垂体が刺激されて、人成長ホルモンの分泌が大幅に促進され、アンチエイジング(若返り)に寄与する、ということが示唆されたのです。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 自分で出来る骨盤矯正
★ 冷え性との関係
★ むくみの解消の効果
★ 自宅でできる体操


Copyright (C) 2008 骨盤矯正@徹底解説ガイド All Rights Reserved.