生理痛との関係

生理痛は、多少の差はあれ、たいていの女性が経験するものです。多くは、1日目、2日目に下腹部に鈍痛がするというもの。また下痢や便秘、吐き気や頭痛、めまいがするなどの症状がある人もいます。痛みのために寝込んでしまったり、仕事や勉 強が手につかなくなるなど、日常生活に支障をきたすようなものを「月経困難症」と呼びます。頭が痛い、腰や肩が痛い、生理痛や冷え性がひどい…、どんな症状の患者の診療にあたっても、骨盤の歪みをみます。

骨盤が歪んでいると、筋肉が硬直して血管や神経が圧迫されて頭痛や肩凝りがおき、リンパ節を圧迫して老廃物の排泄がうまくいかないために冷え性やむくみが起きます。 カイロプラクティックでは、骨盤の歪みをチェックし、原因となっている関節だけを治療します。歪みを治すことで、神経の流れを正常に戻すので、その日すぐには自覚できなくても、翌日、翌々日…と日を追って症状が改善されていきます。 痛みがあるから、むくんでいるからといって、その部分をほぐしたり、暖め(あるいは冷やし)ても、その時は治ったような気がしますが、歪みが直っていないので、また同じ症状が近いうちに必ずおきます。症状を鎮めながら原因を治すことの大切さが、お解りいただけましたか?

あなたの体には「自然治癒力」がある 人の骨格の要は骨盤と脊椎。これが脳と中枢神経を支え、脊椎の中を脳脊髄液が流れています。この脳脊髄液がスムーズに流れることが、人が本来持っている自然治癒力が働くための条件です。

「自然治癒力」、つまり人間の持つ、治す力は細胞一つ一つにあります。 ところが、骨盤や背骨が歪み、脳脊髄液や血液などがスムーズに流れなくなると、「自然治癒力」は低下します。 人間の頭蓋骨は息を吸うと横に広がり、吐くと縦長になります。この動きは骨盤の真ん中の骨の仙骨の動きに連動します。

つまり、骨盤の動きが悪くなると、 脳脊髄液の循環が悪くなり、背骨の体力が落ち、自然治癒力も低下します。 骨盤と頭蓋骨の動きを正常に戻せば、脳脊髄液や血液やリンパ液が正常に流れ、健康な状態に近くなります。 そこで、生理痛も骨盤の歪みから整えていくことが第一になります。子宮や卵巣は、骨盤の中で筋肉や靭帯によってぶら下がっており、骨盤が歪むと骨盤の中の子宮や卵巣も歪み、その状態で排卵が行われ、胎盤が排出されるので、生理痛が起こります。この歪みを整えることによって交感神経と副交感神経のバランスを良くし、筋や靭帯の張力を一定にすることで子宮や卵巣の位置を安定させることができます。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 自分で出来る骨盤矯正
★ 冷え性との関係
★ むくみの解消の効果
★ 自宅でできる体操


Copyright (C) 2008 骨盤矯正@徹底解説ガイド All Rights Reserved.