猫背になりやすい

猫背というのは、筋肉の負担を思った以上に、かけてしまいます。いい姿勢というのは、横から見てくるぶし中心の垂直線上に、膝の中心、股関節の中心、お腹の中心、肩関節の中心、そして、あごを引いた状態で耳の穴が垂直線上にある姿勢がいい姿勢です。この姿勢は重力の影響をなるべく骨格をメインにして支えることが出来るので、関節や筋肉の負担が少なくする事が出来ます。普段デスクワークの多い人に多い「猫背」、背骨が丸くなり顎が前に突き出た状態で長い間椅子に座っていると、体はだんだん猫背が自然な状態と脳が認識してしまいます。そうなるとなかなか姿勢を良くしようと頑張ってもすぐに元には戻りません。

人間には、たえず重力がかかっています。いい姿勢であれば重力を、背骨や骨盤、股関節、膝関節、足関節に均等に効率よく分散出来るため、筋肉の負担は、少なくてすむのですが、猫背があると頭や腕、上半身などの重みが、プラスされるので、筋肉や関節の負担が大きくなります。猫背であると、たえず筋肉が緊張してバランスをとっているので、慢性化して、肩こり、腰痛、背中のこり(背部痛)、首のこり頭痛、膝痛、その他などの症状を引き起こしやすくなります。

また背中が丸くなりその分肋骨を縮めたり、肋骨が下がったりしてしまう事から肺の運動を制限させてしまったり、内臓を圧迫してしまう可能性もあります。場合によっては呼吸が浅くなってしまったり、胃腸の調子を悪くしてしまう事も考えられます。また、猫背は若い人にも多い傾向がある様です。例えば電車に乗ったとき、イスに腰掛けた人の姿勢を見ると、浅く腰掛けて座っている若い人を多く見掛けます。

骨盤矯正ダイエットは猫背改善も期待できます。骨盤ダイエットでは体の内部の赤筋などのインナーマッスルを鍛えることができます。このインナーマッスルは姿勢などを保つための筋肉で通常の筋トレなどでは鍛えることが難しい筋肉です。現代人は普段から姿勢が悪い人が多く、その結果この筋肉が衰えてしまっていることが非常に多いです。この筋肉が衰えてしまうと姿勢を保つことができず、背骨や骨盤が負担を減らそうとしてゆがんでしまいます。骨盤ダイエットでは内部筋肉を鍛えることができるので、猫背などの悪い姿勢も自然と改善されます。猫背矯正は骨盤を中心して猫背矯正を行いますので、治療法は胸椎、腰椎、骨盤の矯正です。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 自分で出来る骨盤矯正
★ 冷え性との関係
★ むくみの解消の効果
★ 自宅でできる体操


Copyright (C) 2008 骨盤矯正@徹底解説ガイド All Rights Reserved.