冷え性との関係

現代では、運動不足や不規則な生活、栄養の偏り、ストレスなどによって「低体温」の人が増えてきました。最近では低体温の子供も増加しているそうです。この低体温化が身体のバランスを崩し、その結果歪みとなって現れています。通常人間の体温は、36.5℃が最も健康体であり免疫力を発揮できる体温だと言われています。体温が1℃下がると免疫力は30%も落ちます。

低体温になると肩が凝ったり、首が凝ったりしますが、この「凝る」という症状が、歪みを引き起こす原因にもなっています。凝りがあると筋肉がねじれ、太く短くなります。そのため骨を引っ張るので歪みが生じます。このように歪みを根本から解決するためには、体を温めることが大切です。骨盤矯正のための施術のなかには、このように体を温めるというものもあり、例えば、「サーモセラピー(温熱療法)」は、遠赤外線の温熱器を使って体を芯から温め、冷えを解消します。骨盤矯正は、根本から解決してこそ初めて効果があるではないかと思います。

女性の骨盤は男性と比較すると横に広く縦が短い構造になっています。腰椎(腰の骨)と骨盤を繋ぐ腸腰靭帯がありますが女性の場合この距離が長くその分、腰は不安定になり腰痛が起きやすくなります。腰痛ばかりではなくこの腰仙部(骨盤と腰椎のジョイント部)が不安定になると、その上に乗るかたちになっている背骨(腰椎・胸椎・頚椎)も不安定になり様々な症状を引き起こします。

この骨盤の角度の狂いや歪みで唯一骨盤に直接、付着している臓器、子宮の機能に影響をあえ生理痛や冷え性を起こします。冷え性は体が冷えるだけではなく頭痛、肩こり、肌荒れ、のぼせ腰痛、倦怠感・・・あげればキリがありません。骨盤が歪むと腰から下の代謝が悪くなり、脚がむくんだりセルライトができたり下半身太りを招きやすくなります。

骨盤が歪んで腰椎との角度が狂いだすと骨盤と股関節、腰椎を繋げる大腰筋の筋力も弱くなり下腹がポッコリと出る。下半身の代謝低下、ホルモンのバランスの崩れからリンパや血流が滞り胃腸機能や腎機能の低下を招き冷えや便秘、生理不順に・・・。身体は体調不良を起こしだすと「守りの状態」に入ります。

また、骨盤が歪んでいると、どうしても筋肉が硬直して血管や神経が圧迫されてしまう事が原因とも考えられます。すると頭痛や肩こりがおきて、次にリンパ節を圧迫し、リンパの流れが悪くなります。その結果、老廃物の排泄がうまくいかなくなって冷え性になってしまうのです。

骨盤の歪みは、体のいろんなところに影響を及ぼします。骨盤矯正をすることで、神経の流れを正常な状態に戻すことができるので、徐々にですが冷え性が改善されていきます。冷え性でお悩みの方は、カイロプラクティックや整体院で骨盤の歪みをチェックしてもらってください。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 自分で出来る骨盤矯正
★ 冷え性との関係
★ むくみの解消の効果
★ 自宅でできる体操


Copyright (C) 2008 骨盤矯正@徹底解説ガイド All Rights Reserved.