セルフチェック方法

自分の骨盤の状態を知るために、骨盤がゆがんでいるかどうか、手軽にチェックする方法もあるものです。例えば、どうしても下半身が痩せにくく、お尻が大き目なのが気になる、ウェストのくびれの高さが違う、ヒップが扁平、ネックレスがいつも同じ方向にずれている、靴の外側ばかりがすり減る、・・・。などの状態が気になるようなら、骨盤の歪みや開き、ずれを起こしている可能性があります。

自分で出来るチェック方法はいろいろとありますが、簡単なものをいくつか知っておくと良いでしょう。例えば、床に仰向けになり、足をそろえて、両足の力を自然に抜いた状態で、かかとが、力を入れなくてもくっつけることができるか、つま先の開き具合が同じで、自然に外側を向いているか、かかとの高さが違わないか、足の長さが違わないか、チェックしてみます。

また、仰向けに寝て足を肩幅に開いた時、骨盤の一番高い部分と床までの高さを測ってみます。左右の高さが違っていたら要注意です。同じように、正座をした時に肋骨から骨盤までの長さを左右で比べてみる方法もあります。目に見えるほどの大きな差がなくても、仰向けから腹筋だけで起きあがることのできないような場合、腹筋が弱く、内臓が下がってしまったり、骨盤がひらき気味になってしまっている恐れがあります。

こうした状態で、気になるなら、整体やカイロプラクティックなどで骨盤矯正をうけてみると良いでしょう。ヨガやピラティスなど、体のバランスを整えることを目的とした運動も最近は注目されているので、自分にあった骨盤矯正方法をさがしてみましょう。ひどくないなら、骨盤矯正で、比較的簡単に治せるものです。早めに行って、相談するのも良いことなのです。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 自分で出来る骨盤矯正
★ 冷え性との関係
★ むくみの解消の効果
★ 自宅でできる体操


Copyright (C) 2008 骨盤矯正@徹底解説ガイド All Rights Reserved.