産後ダイエットに効果的

出産は、女性にとって大きな喜びでしょうが、出産後、体についてしまった余分なお肉やたるみは、いわゆる産後太りというもので、これは、女性にとって、疎ましいものでしょう。下半身中心にお肉がつく、こうした下半身太りには、骨盤矯正が大きな効果をもたらすものなのです。では、産後ダイエットに、特に骨盤矯正が効果があるといわれるのはなぜでしょうか。それは、まず、出産は骨盤にとても大きな影響を与えるものだからです。

赤ん坊は産道を通って外に出ます。このため、赤ん坊の体が通りやすい状態を作るために、出産が近づくと、これに伴い、骨盤が開きやすくなるよう、柔らかくなります。こうした骨盤の状態は、赤ちゃんの体が通りやすくなると同時に、柔らかいため、変形もしやすい状態になっているわけです。出産時から産後にかけ、開いた骨盤がそのままの状態で戻らなかったり、変形してしまった状態で固まったりしてしまうと、全身が歪み、これが腰痛や頭痛をもたらすのです。

産後しばらくは、あまり無理をしてはいけませんが、少しずつ軽いストレッチをしたりすることで、骨盤矯正を行い、体の歪みを改善するようにすると効果的です。上半身とのつりあいを観察した時、下半身が太めに感じる人は、体重が足の外側にかかっていることが原因といわれます。これを外側加重といいます。

足の外側に体重がかかると、それにより、骨盤やヒザが外側に向けて歪んでしまい、むくみが出たり疲れやすくなったり、太りやすくなったりします。また、ヒザが外側に歪むと、O脚にもなってしまいやすくなります。つまり、「がに股」ですが、これは、女性にとって、好ましいものではありません。骨盤矯正することで、こういった歪みも改善され、むくみや脂肪が落ちる効果もある、と言われます。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 自分で出来る骨盤矯正
★ 冷え性との関係
★ むくみの解消の効果
★ 自宅でできる体操


Copyright (C) 2008 骨盤矯正@徹底解説ガイド All Rights Reserved.