必要としないためには

骨盤矯正は、できれば、まず、行わなければいけないようなことにならないようにすることです。それには、骨盤のゆがみはなぜ起こるのか、知っておく必要もあるでしょう。出産が原因による骨盤の歪み、というのが、良く聞く話です。しかし、出産に限らず、他のケースでも、もちろん骨盤の歪みは起こるものです。現に、男性でも体に歪みが生じ、骨盤矯正をしなければいけなくなった人は数多くいます。では、他に骨盤が歪む原因として考えられることといえば、いくつかあります。

骨盤が歪んでしまう大きな原因のひとつとして、日常の姿勢の悪さがあります。背中を丸めたような、悪い姿勢で長時間座っていたりすると、猫背になってしまい、それにより、骨盤が次第に傾いていきます。座る時によく足を組む人がいますが、意外ですが、これも骨盤を歪める原因となります。こうした良くない姿勢は、内臓を支える筋肉の衰えももたらすことになります。

こうした悪い姿勢から、内臓下垂を招き、いわゆる、ポッコリお腹の原因になります。さらに、内臓下垂になることで、内臓自体の働きも悪くなり、機能が衰えるので体内に老廃物が滞留しやすくなります。これを防ぐためには、座っている時、きちんと背筋を伸ばしているかどうか、少しばかり意識して、背筋を伸ばして座るように心掛けてみることです。

普段、心がけるようにすることで、大分変ってくるものです。また、日に何度か立ち上がって簡単なストレッチを行うことも効果的です。それが難しければ、いろいろ、座ったままできるストレッチもあるので、自分なりに工夫して取り入れてみることです。そうすることで、骨盤矯正が必要なほどの歪みが生じることも予防できるものです。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 自分で出来る骨盤矯正
★ 冷え性との関係
★ むくみの解消の効果
★ 自宅でできる体操


Copyright (C) 2008 骨盤矯正@徹底解説ガイド All Rights Reserved.